キャッシング(Cashing)とは、広義には現金の融資のことをいう略称です。正式には、キャッシュアドバンス(Cash -Advance)という用語が該当します。おもに、利用者がおこなう金融機関などからの資金の借り入れのことを指します。

また、一般的には、クレジットカード会社や信販系、銀行系のカード会社などが、また最近では専門店グループやデパート、スーパーなども盛んにカード事業に参入してきておりその会員向けにおこなう比較的小口、かつ短期の即時貸し付けに対して言われます。また、キャッシング専業では、消費者金融系企業の専用カードが同様のサービスを行っています。

会員に貸与されているクレジットカード、ないしはキャッシング専用カードを使用して、銀行窓口など金融機関やコンビニエンスストアや専門店、ショッピングモール、小売り店舗などに設置されたATM(Automated-teller-machine、現金自動預け払い機)やCD(Cash -dispenser、現金自動支払機)から事前に決められた限度額内で現金を無担保、かつ保証人無しで貸し出す金融サービスということになります。単に、キャッシングサービスとも言われます。

また、このキャッシングサービスには、一般的にキャッシング1回払いとキャッシングリボ(リボルビング)払いの2種類があります。キャッシング1回払いでは、翌月の支払請求日に借りた現金の同額と利息とが加算されて請求されます。支払い方法は指定の銀行口座からの自動引き落としが一般的です。同様に、キャッシングリボ(リボルビング)払いの場合は、毎月定額とその利息を決まった引き落とし期日に定額の合計が借入額に達するまで返済していく方法です。

キャッシングに対する返済利息は、カード会社によってまちまちですが、大体6.3%から18.0%のあいだで設定されることが多いようです。また、クレジットカードに付帯するサービスですから、一般にカード年会費の徴収がなされますが、最近では年会費タダをうたうカード会社もあります。また、クレジットカードの利用額に応じて付与される特典ポイントは、キャッシングでは適用されない場合が多いようです。

Copyright (C) キャッシングについての私の考察 キャッシングの基礎知識. All Rights Reserved.